イベント「クラファン もうすぐ400万円!核なき世界へ、あなたの力が必要です!~日本が核禁条約に加わるために~」を開催します

被爆78年目の夏を迎え、広島と長崎の平和宣言は「核抑止から勇気をもって脱却しよう」と発しました。市民社会の次の目標は、11月に開催される核兵器禁止条約の「締約国会議」です。

核兵器廃絶日本NGO連絡会では、遅くとも2030年までの日本の核兵器禁止条約参加を目指す「日本キャンペーン」を立ち上げようとしています。

キャンペーン立ち上げに関わっている被爆者や若い世代のクロストークや、ゲストからの核兵器廃絶へのメッセージを受けて、日本政府に締約国会議の参加を求めるために何ができるか考えます。(クラファンは8月20日に400万円を突破しました。ご支援、ありがとうございます)

概要
日時 8月24日(木)19:00~21:00
主催 核兵器廃絶日本NGO連絡会
お問い合わせ nuclear.abolition.japan[@]gmail.com
形式 ZoomとYouTube併用(zoom参加希望の方は、下記フォームよりお申し込みください! / 先着100名です)

ZOOM参加申し込みフォーム

YouTubeでのご視聴はこちらから!

タイムテーブル
19:00 オープニング

19:05 クロストーク
被爆者と若い世代のクロストーク「どうして日本キャンペーンをつくるのか」
田中煕巳、和田征子、遠藤あかり、高橋悠太、徳田悠希

19:50 賛同者の紹介

19:55 「#核なき世界を日本から」リレートーク
多様なゲストからの「どうして核兵器禁止条約が重要なのか」

太田恵(放送を語る会運営委員/NHKスタッフ)
大槻邁(NGO連絡会)
岡島由奈(カクワカ広島)
梶原百恵(叡啓大学学生)
藤元康之(HANWA事務局長)
森井悠里香(JYPS)

20:55 まとめ挨拶

21:00 終了